日本のバイオテクノロジー戦略はどうなる、その1

 「バイオテクノロジー」という言葉は、一昔前にブームとなった。日本政府も2002年に「バイオテクノロジー戦略大綱」を、2008年には「ドリームBTジャパン」を策定し、それなりに取り組みを行ってきた。しかし最近は、健康・医療分野に重点化したことで、バイオテクノロジーという言葉を政府内で聞くことは少なくなっていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)