寛和久満夫の深読み科学技術政策(第138回)

マイクロバイオーム研究の必要性、その2

(2016.10.04 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 マイクロバイオーム研究は米国だけでなく、欧州でも積極的に行われている。欧州では、2008年にMetaHITプロジェクトがスタートした。FP7(第7次研究・技術開発のための枠組み計画)の下、4年間で2200万ユーロが投入された。EU7カ国と中国から、15の研究拠点(アカデミア、国立研究所、企業)が参加し、消化管の微生物叢に着目し、食品や栄養学と関連づけた研究が行われた。プロジェクトは、微生物のゲノム解析、微生物機能解析のための技術開発、バイオインフォマティクス、遺伝素因と表現型、宿主(ヒト)と細菌の関係、アウトリーチ(ELSI含む)という6つの柱が立てられている。プロジェクト期間内には、大規模な国際会議が開催され、米HMPとの連携強化も行われた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧