先日ある著名な女性研究者と話をする機会があった。「女性研究者をもっと増やそう」という話を大学内ですると、「女性を増やすことよりも、研究力を上げるための取り組みをすることが大事なのではないか」と言われることが多いと嘆いていた。男性研究者の方が優秀なのだから女性を積極的に採用すべきではない、という雰囲気がプンプン漂ってくるのだという。では本当に男性が女性より優秀なのだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)