寛和久満夫の深読み科学技術政策第234回

自殺対策は通年で

若い世代で死因の第1位が自殺なのは、先進国では日本だけ
(2018.09.20 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 警察庁の自殺統計によると、日本の自殺者数は、1983年および86年に2万5000人を超えたものの、91年には2万1084人まで減少し、その後2万人台前半で推移していた。しかし、98年に前年の2万4391人から8472人(34.7%)増加して3万2863人となり、その後、2003年には統計を取り始めた78年以降で最多の3万4427人になった。04年は減少し、09年まで横ばいで推移した後、2010年以降は減少を続けており、2015年は2万4025人で前年に比べ1402人(5.5%)減少し、急増前の97年以来の水準となった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧