2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典・東京工業大学栄誉教授が2017年8月、一般財団法人大隅基礎科学創成財団を立ち上げた。ノーベル賞やイノベーション賞の賞金から1億円を拠出し、生物学の基礎生命科学を支援するという。個人や企業などの寄付を募り、20億円規模の財団にして、年間数億円規模の事業を行っていきたいとしている。具体的には、2018年春から研究助成を開始する他、10月18日に財団創設記念セミナーを開催。その後も月1回のセミナーを行うとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)