寛和久満夫の深読み科学技術政策(第135回)

ニューロフィードバックのインパクト

(2016.09.13 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 人にはそれぞれ、好きな顔や嫌いな顔があるが、それを本人が意識しないまま操作できる。そんなSFのような技術が現実のものになってきている。先週8日(米国東部時間)、PLos Biology誌に掲載された「Differential Activation Patterns in the Same Brain Region Led to Opposite Emotional States」という論文で実証されたのがそれだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧