「吐く息からウイルス検出」実現する技術に注目集まる

 特定のウイルスを検出する物理工学系のセンシング技術が、新型コロナウイルス対策として注目を集めている。ウイルスを1粒子ずつ電気的に検出し、コロナウイルスやアデノウイルスなど複数種類を同時に分類して特定可能で、インフルエンザウイルスA型とB型なども判別できる。内閣府主導の研究開発プログラムに採択されていたが、研究成果を基にベンチャー企業が設立され、大手企業のアドバンテストやNOKが加わり実用化に向けて動きだした。現状では唾液からの検出が可能だが、呼気からの検出も視野に入ってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)