寛和久満夫の深読み科学技術政策(第134回)

橋渡し機能を強化するには、その3

(2016.09.06 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 今回取り上げるのはイギリスである。イギリスには、世界大学ランキングでもトップ校が数多くあり、論文分析などでも日本よりも少ない投資で、日本よりも上位に位置している。一方、科学研究の成果がイノベーション創出につながっていないという反省から、1990年代後半から2000年前半まで、企業主導による技術イノベーション拠点「TICs(Technology and Innovation Centres)」を構築する目的で公的投資が行われたが、十分な効果が出なかった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧