新たな研究から新たなビジネスが生まれる

 Scientific Reportsに2017年8月25日、富山県立大学と静岡県立大学の研究グループによる「Rational identification of aggregation hotspots based on secondary structure and amino acid hydrophobicity」という論文が掲載された。日本語にすると、「2次構造とアミノ酸残基の疎水性度に着目した不溶化に関与するホットスポットの合理的な特定方法」ということになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)