2017年3月15日、最高裁大法廷は、窃盗事件の上告審判決でGPSを使った犯罪捜査(被疑者の自動車に被疑者に断りなくGPS端末を取り付けた)について、「プライバシーを侵害し、令状が必要な強制捜査に当たる」として、違法とする初判断を示した。その上で、現行の刑事訴訟法の令状で行うことには疑義があるとして「新たな立法措置が望ましい」と指摘した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)