立教大学は7月25日、常磐広明・理学部化学科教授が公的研究費を不正使用していたことを明らかにした。科学研究費補助金、革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)課題、学内資金でそれぞれ研究費を不正に使っていた。約9万円を私的流用したことは大問題だが、その背景を見るといささか気の毒な事情もあった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)