文部科学省が主導する、卓越研究員事業というものをご存じだろうか――。全国の大学と研究機関、民間企業が若手研究員を受け入れるのを促進するために支援するもので、若手研究者を受け入れると、卓越研究員1人当たり年間600万円の研究費を2年間、研究環境整備費として機関が使える資金300万円を2年間、その後3年間は200万円を補助金として、受け入れ機関が受け取ることができる。先日、2017年度の卓越研究員の受け入れ先などが公表された。民間企業側は、56ポストを用意していたにもかかわらず、そのうち決まったのは3ポストだけだった。このような結果になる原因は、博士号取得者のアカデミック志向が強いからだと考えられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)