先日、日本医療研究開発機構(AMED)の実績評価を議論する日本医療研究開発機構審議会で、ある委員が「AMEDができてから生命科学系の基礎研究ができなくなっているという話を聞くがどうなのか」といった質問をした。AMEDの末松誠理事長は「そんなことはない。相当程度を基礎的な研究に投資しているが、科研費と違い、目的が明確に設定されている目的基礎研究なので、誤解を受けている」と答えた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)