寛和久満夫の深読み科学技術政策(178回)

今後の脳科学研究の方向、その3

(2017.07.25 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 現在、日本の政府内では、これまで日本医療研究開発機構(AMED)で行われてきた脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)や革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト(革新脳)などを着実に進めながら、新たに「ヒトの脳の動作原理を神経回路レベルで解明するとともに、精神・神経疾患の早期発見・早期介入の実現や新たな脳型アルゴリズムに基づく次世代AIの開発に貢献する」という目標が検討されている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧