内閣府の第2期SIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」では、日本のバイオエコノミーの拡大と関連産業の競争力強化等のため、農業の生産から加工・流通・販売・消費・輸出までデータを相互活用するスマートフードチェーンの構築や様々なデータにより駆動する革新的なスマート農業技術・システムの開発、データ駆動型育種を推進するための技術開発、腸内細菌叢のデータベース構築等を実施する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)