学校のトイレ改修費も「科学技術予算」の理由

 2020年度の科学技術関係予算が決まり、第5期科学技術基本計画の5年間の合計は約24兆6000億円となった。今後追加される地方分約5000億円を加えると、目標の26兆円にあと約9000億円というところまで迫っている。科学技術予算が増えることは日本にとって非常に喜ばしいことだ。もっとも、これが膨らませただけの虚像の予算でなければの話だが。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)