コロナ関連自殺を防ぐ技術開発を急ごう

 新型コロナウイルス感染症による、メンタルヘルスの問題が顕在化してきている。自殺率上昇への懸念が高まる中、日本脳科学関連学会連合は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係わるメンタルヘルス危機とその脳科学に基づく対策の必要性」を公表した。脳科学と人工知能(AI)を駆使した新しいメンタルヘルス対策を確立し、予防的介入を行う必要性を訴えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)