スポーツにビッグデータで健康維持を

 日本学術会議は2020年6月、「科学的エビデンスを主体としたスポーツのあり方」という提言をまとめた。スポーツ界では経験主体の練習やコーチング手法が根強く、客観的なデータの活用がまだまだ不足している。近年の技術進展によって可能になったスポーツの科学的な分析力を活用し、運動能力の向上や健康維持につなげる動きが、政府の旗振りによって活発化しそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)