AMEDに調整費80億円超が配分されたとのニュースを先日報じた。この調整費とは一体何なのか、知っている読者は案外少ないのではないだろうか。なぜ年度途中に配分されるのか、そもそもなぜ調整費ができたのか、研究者など現場の人たちには意外と知られていないようだ。そこで今回は、医療分野の研究開発関連の調整費の歴史と、制度的な側面を紹介したい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)