「3Dプリンターで臓器」が2031年に実現?

 これから先、どのような技術が開発され、どんな社会が実現しているのか。こうした未来予測のプロジェクトが、様々な機関で行われている。突拍子もないと感じられるようなことが描かれていたとして、それは方向性としては間違っておらず、社会課題を解決するための技術革新のヒントが詰まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)