仕事で転勤するときには、現在住んでいる市区町村に転出届を出して、引っ越し先に転入届を出す。アパートやマンションを借りる際には住民票や戸籍謄・抄本の写しや印鑑証明などを求められる。親の死亡や相続になるとさらに多くの手続きが必要だ。死亡届・年金手続き・不動産名義変更・税務申告といった行政手続きは、それぞれ地方公共団体・年金事務所・法務局・税務署と行わなければならず、金融機関などでも、各機関に対し戸籍謄・抄本等の提出をするなど繰り返し手続きを行っており、亡くなった人が多様な財産を保有していた場合には、さらに多くの手続きが必要になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)