寛和久満夫の深読み科学技術政策223回

自らも努力しないとデジタル化は進まない

政府が「デジタルファースト法案」を2018年中にも国会提出へ
(2018.06.14 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 仕事で転勤するときには、現在住んでいる市区町村に転出届を出して、引っ越し先に転入届を出す。アパートやマンションを借りる際には住民票や戸籍謄・抄本の写しや印鑑証明などを求められる。親の死亡や相続になるとさらに多くの手続きが必要だ。死亡届・年金手続き・不動産名義変更・税務申告といった行政手続きは、それぞれ地方公共団体・年金事務所・法務局・税務署と行わなければならず、金融機関などでも、各機関に対し戸籍謄・抄本等の提出をするなど繰り返し手続きを行っており、亡くなった人が多様な財産を保有していた場合には、さらに多くの手続きが必要になる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧