創発的研究は「妄想」に見える「挑戦」を拾えるか

 若手研究者が自由な発想で挑戦的な研究が行えるようにするために政府が創設した、創発的研究の公募が始まった。創発的研究は、2019年度の補正予算で科学技術振興機構(JST)に造成された500億円の基金を使って、年間700万円程度の研究費を研究者個人に最長10年間支援するという制度だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)