寛和久満夫の深読み科学技術政策第270回

光の量子コンピューター実現に大幅な前進

(2019.06.10 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 東京大学の研究グループが最近、量子コンピューターの新たな方式を実現する回路を開発した。光を使う方式の量子コンピューターで、通常の方法では計算に多数の回路が必要で装置が大規模になったが、新回路では装置を大幅に小規模化でき実現可能性が高まった。量子コンピューターは医薬品業界での応用可能性も高く、日本発の技術が創薬を含めた研究開発を大きく変えてしまうかもしれない。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧