東京大学の研究グループが最近、量子コンピューターの新たな方式を実現する回路を開発した。光を使う方式の量子コンピューターで、通常の方法では計算に多数の回路が必要で装置が大規模になったが、新回路では装置を大幅に小規模化でき実現可能性が高まった。量子コンピューターは医薬品業界での応用可能性も高く、日本発の技術が創薬を含めた研究開発を大きく変えてしまうかもしれない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)