「選択と集中」という言葉が一般的に使われるようになってずいぶんたつが、最近では選択と集中によるマイナス面が大きいということを、各分野のステークホルダーが認識するようになってきた。技術分野も多分に漏れず、そのような傾向が見て取れる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)