地質時代の1区分である新生代第四紀更新世は、約258万年前から約1万年前までの期間で前期・中期・後期に分けられ、そのうち前期と中期を区分する基準となる地層断面として候補になっているのがチバニアン(ラテン語で千葉時代という意味)である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)