2021年4月からスタートする第6期科学技術基本計画にどんなことを盛り込むべきかということに関しては、第265回で産業競争力懇談会(COCN)の提言を紹介したが、今回はアカデミアと産業界で構成される「日本工学アカデミー」の提言を紹介したい。上位大学ばかりに偏った予算配分に警鐘を鳴らすなど、既存の体制を大幅に刷新するよう促す内容となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)