寛和久満夫の深読み科学技術政策219回

日本が学ぶべき英国の大学発ベンチャー支援策

使途を制限せず、使い勝手の良い研究資金を提供
(2018.05.16 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 いわゆる大学発ベンチャーやスタートアップ企業の創出といって世界を見渡した場合、すぐに思いつく国といえば、アメリカとイスラエルであろう。この2国は、ベンチャー政策のお手本として世界中から注目されており、様々な書籍や分析リポートが公表されている。一方、世界大学ランキングといった研究力の強さで特筆すべき存在感を持っているのが英国である。近年、英国でも研究開発型スタートアップ支援を強化し、大きな成果も生まれており、その政策は日本においても参考になる部分も多い。そこで今回は、英国の大学発ベンチャー政策について紹介しよう。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧