国立大学の大学債は成功するか

 文部科学省は2020年5月中にも、国立大学が債券を発行しやすくするための政令改正を行う。これまでは、付属病院や寄宿舎の整備など直接的に収入が見込める事業に充てる場合しか発行できず、独自の経営判断による投資などが難しかった。海外の大学では一般的な資金調達方法だが、日本では成功するだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)