寛和久満夫の深読み科学技術政策第266回

感染症対策に動物衛生学を再興せよ

(2019.05.17 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 人や動物に害を与える生物は総じて「衛生動物」と呼ばれ、その中の節足動物を「衛生害虫」と言う。代表的な衛生害虫である蚊やマダニなどの吸血性節足動物は、熱帯から寒帯まで広く分布し、人と動物の病原体を媒介する。その研究を進めることは日本や世界のリスク管理につながるが、日本では最近この分野が沈滞する傾向にあり、再興が求められる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧