沖縄健康医療拠点が成功するためには

 2015年3月末に米軍から返還されたキャンプ瑞慶覧(西普天間住宅地区)の跡地利用について、日本政府は同年6月30日に閣議決定した経済財政運営と改革の基本方針2015で、「西普天間住宅地区について、関係府省庁の連携体制を確立し、国際医療拠点構想の具体的な検討を進めた上で、同地区への琉球大学医学部及び同附属病院の移設など高度な医療機能の導入をはじめとする駐留軍用地跡地の利用の推進を図る」という方針を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)