2021年度から政府が取り組むべき重要事項を明示した「第6期科学技術基本計画」の検討が始まっている。総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の有識者議員会合はこれまで、非公開の内部打ち合わせとして第6期基本計画の検討を行ってきたが、4月4日に開催された同会合では、産業競争力懇談会(COCN)から提言を受ける形で公開での議論が行われた。まだ議論は始まったばかりだが、基本計画の実現には産業界の積極的な関わりが鍵になりそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)