寛和久満夫の深読み科学技術政策第264回

日本の量子技術戦略に遅れ、バイオにも影響

(2019.04.18 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 量子コンピューターや量子センサーなどの量子技術は次世代産業の基盤になる技術であり、世界各国で激しい研究開発競争が繰り広げられている。創薬やライフサイエンスにも大きく関係するもので、例えば創薬候補物質と蛋白質の相互作用を大規模に解析するための量子情報処理、細胞1個単位の内部情報を把握することができる量子センサー(ダイヤモンド窒素-空孔中心など)など、その発展は生命への理解を大きく進展させることにつながる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧