寛和久満夫の深読み科学技術政策(163回)

日本の大学が競争力を取り戻すためには

(2017.04.11 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 2017年3月23日、Nature誌が日本の研究力が低下していることを別刷り特集「Nature Index 2017 Japan」で報じた。Nature Indexのデータベースに登録されている68誌の自然科学系トップ学術ジャーナルに収録されている日本からの論文の割合は、2012年から2016年で6%低下した。もちろん、中国の急速な成長の影響によって、欧米諸国の相対的な論文割合は低下しているものの、日本からの論文発表は絶対数も減少しており、日本の著者による論文は過去5年間で8.3%減少している。このままの傾向が続けば、日本の科学エリートとしての地位は失われてしまうだろうと指摘している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧