寛和久満夫の深読み科学技術政策第263回

日本主導で合成生物学のルールを作ろう(下)

(2019.04.15 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 前回でも指摘したように、近年の長鎖DNA合成技術の進展に伴って、人工ウイルスや人工細菌が誕生した。現時点では、長鎖DNA合成技術を悪用したバイオテロなどは報告されていないが、現在の長鎖DNA合成技術を駆使すれば、地球上から撲滅されたウイルスの復元や既存ウイルスの毒性を増強することができる。しかも、マイクロアレイ法の開発に伴って、人工ゲノムの原料となるオリゴDNAの価格が大幅に低下し、研究資金の乏しい個人の研究者でも学術論文に掲載されている手法を再現すれば人工ウイルスが合成できる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧