21世紀に入り勃興した合成生物学の中核的な基盤技術として長鎖DNA合成技術がある。長鎖DNA合成技術の進展に伴い、食品・化学品・バイオ燃料・バイオ医薬品などの有用物質の生産効率が格段に高まり、今後、合成生物学関連の世界市場が急速に拡大すると予想されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)