政府は2019年3月15日、情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律案を閣議決定した。この89文字という非常に長い名称を聞いても、何のことだ?と思われるかもしれない。実はこの法律案、行政手続きを原則オンライン化するという、いわゆるデジタル手続き法案と呼ばれるものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)