アルツハイマー病などの認知症は、高齢者で発症するものが多く、その患者数は右肩上がりに増加している。こうした認知症には、様々な種類があり、さらに同じ病気でも出現する症状や進行の速さが患者によって異なるため、早期診断が難しく、病気の悪化と介護負担の増大を招いている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)