インパクトを優先させた広報発表のリスク

 内閣府は2018年3月9日、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の山川プロジェクトが行っている、脳科学を民間企業にも広げようというBHQチャレンジを中止すると発表した。科学的根拠が不明確な形で「カカオ含有率の多いチョコレートには、脳の若返り効果がある」と受け取られる発表をし、なおかつ、一企業の宣伝活動にImPACTという国家プロジェクトが利用されてしまったというのが、その理由だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)