ポスドクはどこから来て、どこにいくのか

 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が3年ごとに行っている「ポストドクター等の雇用・進路に関する調査」(2015年度実績)が公表された。日本国内の大学・公的研究機関1168機関に対し、2015年度におけるポスドクの雇用・進路に関してアンケート調査を行ったもので、回答率は99.1%だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)