バイオと医療の発展を阻む「2000個問題」、解決は早くて2023年4月

 「2000個問題」という言葉をご存じだろうか。個人情報に関するルールが2000個もある現状を皮肉った言葉である。1700以上ある自治体だけでなく、広域連合、各自治体病院などでそれぞれルールを持っているためそう呼ばれる。デジタルデータの流通を阻害している大きな問題となっており、皮肉では済まない。しかし、それを解決できるのが最短で2023年4月というのだから、その間に我が国は世界的なデジタル化の波にどれだけ乗り遅れるのかと、絶望的な気分になってくる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)