精神疾患治療薬開発に新たな動き

 発達障害、認知症、うつ病などの精神・神経疾患の急増は国家的課題となっている。これら精神・神経疾患は、健康・生活被害指標で見ると、癌、循環器疾患より上位に位置付けられ、介護負担、自殺、休職などによる社会保障費の増加、生産労働人口減少などによる社会経済的損失は甚大だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)