寛和久満夫の深読み科学技術政策第297回

まだまだ気長な日本の全ゲノム解析計画

(2020.01.27 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 厚生労働省は2019年12月、癌と難病を対象とする全ゲノム解析等実行計画(第1版)を策定した。全ゲノム解析の対象となるのは、最低でも癌で約6万4000症例、難病では約2万8000症例で、先行解析を最大3年間実施、その後に本格解析を行うとしている。だが英国は癌・希少疾患で10万人の解析計画を既に2014年に策定していた。競争が激しいこの領域で先行解析を3年とは、ずいぶんと悠長に構えていないだろうか。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧