ヘリウムが足りない。風船を飛ばしたり、吸い込んでしゃべると変な声が出たりということで身近な存在のガスだが、バイオ研究や医療にも重要なガスである。蛋白質や化合物の構造解析ができなくなり、核磁気共鳴画像装置(MRI)による画像診断も使えなくなる。その危機が、どうやら今回は深刻なようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)