医療機器の技術開発は、単品の技術開発をしていくモデルから、機器同士を連携させて人々の課題を解決していく方向がより強まっていく。従来からそうした流れはあるが、より強まっていきそうだ。

 日本医療機器産業連合会会長の渡部眞也氏(日立製作所執行役常務ヘルスケアビジネスユニットCEO=最高経営責任者)は、2018年6月1日に開催されたメディアセミナーで説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)