日本医療研究開発機構(AMED)が、難病研究開発の基盤を強化している。2018年5月下旬に札幌で開かれた日本神経学会で、3月まで医師の立場からAMED難病研究課に所属し、現在は国立精神・神経医療研究センター病院神経内科に所属する古澤嘉彦氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)