非小細胞肺癌に対する抗癌剤であるPD-L1阻害薬「アテゾリズマブ」の治療効果を予測するために「血液中の遺伝子変異量(Tumor Mutational Burden:bTMB」を指標に活用できるようになりそうだ。米Foundation Medicine社が2018年4月14日から18日までシカゴで開催されたAmerican Association for Cancer Research2018(AACR2018)で、研究成果の1つとして発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)