米Foundation Medicine(FMI)社は2018年3月18日、次世代シーケンサー(NGS)解析を用いた癌遺伝子パネル「FondationOne CDx」が米国において全ての固形癌で公的医療保険の給付対象になると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)