キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市、瀧口登志夫社長)は3月20日、磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影された画像を深層学習(ディープラーニング)の手法を用いて分析する研究に着手したと発表した。熊本大学とフランスのBordeaux大学と共同で研究を実施する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)