AMED検討委が医療機器開発の報告書公表、今年度中に重点分野を設定へ

 日本医療研究開発機構(AMED)が設置した「医療機器開発のあり方に関する検討委員会」は2018年3月22日、医療機器開発について報告書を公表した。事務局となるAMED産学連携部長の高見牧人氏は、「2018年度中に重点分野を決めていきたい」と見通しを明らかにした。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などデジタル技術やロボット関連技術が進展する中で、医療機器に有用な要素技術についても方向性を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)