オリンパスが技術戦略発表会を開催、内視鏡へのAI活用を進める

 画像診断の領域をはじめとして、医療機器開発と人工知能(AI)の活用は一体になってきている。画像診断にAIが使われる他、音声認識や症状からの病気の予測などの応用も進む。こうした状況の中、消化器内視鏡の分野で世界シェア7割を握るオリンパスが2019年3月13日、「技術戦略発表会」を開催した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)